メンバーから【 娘を理解できた瞬間!】 読書会の感想


いつもはこども達が主役のCo- musubiですが、先日は大人の読書会が開かれ参加しました。 抽象的思考についての本。 「人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか

一人で本を読んだだけでは「うんうん、そうだよなぁ〜。」くらいの納得感だったのですが、読書会でみんなで意見交換したことで考えが広がり、更に気になり深まりました。 いつもこども達と向き合ってくださっている代表の井上さんが娘について「娘さんも抽象的に考えてることが多い。」という一言から「もしかして??日頃、私が彼女を理解できないと感じていたのはそういうことだったの??」と気づきが生まれ、読書会は終了。 すると早速翌日に、娘の発言が抽象的!というできごとがありました。 一緒にお風呂に浸かりながら 「黒地の上に白い縞。白地に黒の縞。そんなふうに、海に島だと思う?それとも陸に海だと思う?」と娘。 「私は、海に島だと思うんだよね。そうしたら温暖化で蒸発も増えて海面が下がるよね、でも氷が溶けて上がるっていうのもあるよね〜。」 と自分の考えが続きます。 これだ!!不思議な発想のジャンプ!! 私が今まで不可解だった理由。 抽象世界に娘はいるんだ!! 速攻で「井上さんがあなたのそういう色んなことを自由に考えられるところが素敵だ、って言っていたよ!」と伝えると 「だって、そうしないと人に伝わらないじゃん!」と自信ありげな返答にも驚き。 合理的 & 具体的主義な私にとって、これまで「兄弟と違って、私とも違って、何を考えているのか分からない子だなぁ〜。マイペース。」と感じていました。 しかし、彼女がその感性で抽象的に捉えていた世界を私が理解できていなかったのね!! それに気づけたことで 、私は新たな視点をインストールできた感じ。 まるで魔法を一つ知ったかのよう。 彼女の言葉の一つ一つにこんなに本質が含まれていたなんて、と目から鱗のここ数日。 むしろ、私とは違う観点を持っているので面白い!と感じ取れるようになりました。 以前よりも、些細なことでも彼女の気持ちに寄り添うことができている気がします。 彼女の思考を知れたことで「この子を信じて大丈夫なんだなぁ。」と私が思うことができたから。 以前は私のペースを押し付けてたなぁ。 それしか方法がわからなかった。 これからは彼女から見えている世界を少しでも一緒に楽しみたい! そう思うと、まるで行った事のない国に行くようなワクワクも感じます。 本を読み、知識の点と点が繋がり、読書会でそれが立体となり、さらに日々の生活で動き出したような感覚。 こどもたちはCo-musubiで、いつもこのような感覚を味わっているのかな。 素敵だな〜。深いな〜。と感じました。

カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 co-musubi