ひとりの子どもを育てるには、村じゅうみんなの力と知恵が必要だ。

It takes a village to raise a child. 一人の子どもを育てるには村中みんなの知恵と力が必要だ。 アフリカの古いことわざです。 現代社会において " 村 " はその時その人によって変わるものですが、子育ても教育も誰か一人の献身で成り立つものではなく、安心でき信頼できるコミュニティ = 村の中で、知恵と力を出し合い、共に助け合うことが重要だということ。 そしてもう一つ、アフリカの言語のズールー語の「ubuntu (ウブントゥ) 」という言葉。 意味は「I am because of you.あなたがいるから私がいる。 自身の人間性というものは、他者との交流によってのみ体験できる。 子供がいるから親になれる、生徒がいるから先生になれる。 自分というものは、他者によって生かされるのだから、 喜びや幸福を分け合い、苦労や苦しみを共有し、助け合うのは自然なこと。 という考えがこのUbuntuだそう。 解決しがたい難題を多く抱え、速いスピードで変化し、先を見通すことがますます難しくなるであろう未来を生きるには、何よりも柔軟で豊かで大きな人の器が育つことが重要です。 そのためには、「どう勝ち残るか」の我が子優先な個人主義的な子育てではなく、社会で子どもを育てる、家庭同士が手をつなぎ育て合う、昔ながらな原点回帰の子育てがますます力を発揮するのではないでしょうか。 核家族化が進み共働き世帯が増えた今、ICT を上手く利用することで世界のどこで暮らしていても、限られた時間の中でも、温かい人の絆は大切にした、新しい形のコミュニティの中で共に子育てと家庭教育を実践することは十分に可能です。 Co-musubiがこのICTを利用する選択をした理由は、子育ての価値観が同じで、こう子ども達を育てていきたいよね、と集まったメンバーの生活圏がばらばらだったからです。 必要だったから創った形が、ICTを活用したコミュニティの形でした。 そしてその、必要だから創った形が、今では思いがけない良い効果と価値を作り出しています。 It takes a village to raise a child. 一人の子どもを育てるには、村じゅうみんなの知恵と力が必要だ。 I am because of you. あなたがいるから私がいる。 手を取り合うことで、心にゆとりも生まれ、漠然とした未来への不安が軽くなり、家族で過ごす時間が豊かに変わりはじめています。

私たちと一緒にコミュニティと子どもたちを育てていきませんか? Co-musubiの子育てにご興味を持ってくださいましたら、ぜひ気軽にご連絡ください。 Co-musubiについての説明もさせていただきます。 info@co-musubi.com Co-musubiとは? https://www.co-musubi.com/ メンバーの声はこちら

カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 co-musubi