子どもミーティング Girls' Night 編


狩猟採取時代、男性たちが狩りに出ている間、集落に残った女性たちは、感情を伝え協力し合う必要があった。そのため、男性に比べコミュニケーション能力が高く進化したと言われる女性。 そんな Girls による子どもミーティングは「共感」と「穏やかでユーモア溢れる問題解決力」と「しっかり女子」な心の進化がキラリと光る、ときめくGirls' Night in となりました ♪

【 第1回 子どもミーティングGirls' Night in 】 ■ 住んでいる地域がそれぞれ異なる小学3年生〜小学5年生 女子 ■ appear in を利用し、Webミーティング形式で開催 ■ 挙手し指名されたら発言する ■ 司会(参加者の子どもの中から希望者1名 )とファシリテーター(大人1名)にて進行 ■ テーマ:もし自分で学校を作るとしたらどんな学校を作りたい?

1. 自己紹介 名前や年齢など、簡単に自己紹介をしました 2. もし自分で学校を作るならどんな学校を作りたい?理由も添えて教えてください

・木の香りの良い学校にしたい ( 理由:香りがよくオシャレ )

・自然豊かな学校。クラスペットを教室で飼う。

( 理由:自然や動物と触れ合いながら勉強できるから )

・探究的なもっと深める授業をしたい

( 理由:深めると意外な面白いことに気が付けるから )

・校長先生などもアンケートによって決めるアンケート学校にしたい。

( 理由:みんなの気持ちが表現された学校になって楽しいから )

・みんなの意見を聞いて、木でできている学校が楽しそうだなと思った。

3.では今、通学している小学校で困っていることを教えてください

1) トイレが汚い。トイレが寒い。

2) 作文や詩を書く授業の時間が小学校3年生の1年間のみで2週に1回しかない為、長いお話を書くのが難しい。小学校4年生以上の授業でもそのような時間を持ちたい。

3) 体育館の更衣室が埃が残っていて汚れている。掃除が不十分。

4) 学校内にプールがない為、外部のプールに出掛け水泳の授業をしなくてはいけない。天候にも左右され雨が降ると水泳授業が減ってしまう。もっと学校に近いところにプールが欲しい。

5) 学校が好きなので、今のままで学校に不満はない。

6) 自分の教室が校舎の3階にあって、毎朝急いで上がって教室に着くから、授業開始前に疲れてしまう。エレベーターやエスカレーターが欲しい。

7) 生徒が増えすぎてしまい校庭の半分をつぶして校舎を建てたので、校庭が狭い。広い校庭が欲しい。体育も休み時間ものびのび運動できない。

8) 水泳の授業前に浴びるプールのシャワーが冷たいので凍えてしまう。 4. ではその困っていることについて、工夫によって改善できそうなアイディアがあったら教えてください 1) トイレが汚い。 ・自分の学校では毎日全学年で掃除の時間がある。高学年はトイレ掃除を担当している。みんなで掃除する時間をしっかり持ったら良い。 2) 作文や詩を書く時間がもっと欲しい。 ・20分休みなどの長い休み時間にも書いてみるのはどうですか? → それは良いアイディアだと思うのでやってみたいと思います。 4) 学校にプールがない。 ・屋上にプールを作ったらどう? → 学校は築90年の建物。屋上は三角屋根になっているので難しい。 →屋上に作るのは深さも必要なので難しいのではないか? ・校庭が広いということなので校庭に作ってみては? 校庭は体育や美術でも使用しているが、もしかしたら可能かも。 ・外部のプールに行くのが遠い、天候に左右される問題について、前日にしっかりご飯を食べてよく寝たら元気いっぱいで遠いプールでも疲れないと思う。雨については、降らないように願う!このアドバイスにみんなが笑顔に。 6) 3階までの階段を登ることで授業前に疲れてしまう。 ・朝、早めに学校に行き、時間に余裕を持ち、友達とグリコなどを楽しみながら階段を上がるのはどうですか?そうすれば楽しいので疲れないのでは? それは良いアイディアだなって思いました。やってみたいと思いました。 5. では未来の学校はどんな学校だったら良いと思いますか? 学び方について 》 ・班に一台ずつ乗り物があって、宇宙の学びの日は宇宙にその乗り物で出かけ学ぶような学校 ・その日の朝に先生が黒板に今日の勉強範囲を書いてくれ、その範囲について自分のペースで進め終わらせれば良い学校なら良い。でも給食はみんなで食べる。 ・週に一回、クラスで話し合い、子供達が授業を選べると良い。 ・大学の授業のように単位制で、授業を自分で選ぶことができたら良いと思う。 ・遠足、見学、宿泊など社会についてもっと学べる機会があると良い。 ・金曜日などに、その週の学びの中で気になったこと、疑問に思ったことをレポートにまとめるカリキュラムだと良い。 ・月に一度程度、パジャマデーなどのテーマを決め、その日はパジャマで登校しパジャマについて考え学ぶ授業をするなどのテーマデーがあったらよい。 《 給食について 》 ・給食で毎日デザートが出たら良い。飲み物も、毎日牛乳だけではなく選べたら良い。 ・給食を数種類の中から選べると良いな。 ・年度のクラス替えでクラスが離れてしまった友人と、給食などを一緒に食べるなど触れ合う機会を年に何度か作って欲しい。 5. 今日の感想 を聞かせてください ・デザインをすることが好きなので、学校についてデザインできるのが楽しかった。 ・学校がテーマだったので、私の考えていることを上手く言えたし、みんなの考えも気があって、とても嬉しかった。 ・階段で疲れてしまうという問題を解決してもらえた。交流も深まって、こんな素敵な話を話し合えて嬉しかった。 ・自分では思いつかなかったアイディアや、他の学校の問題もわかったので、それを解決できることをこれからも考えたい。 ・みんなが意見を出してみんなの事がわかったし、今日の意見に対して解決できるアイディアが面白かった。

6. 保護者の感想

終わってすぐの娘の感想は、「すっごく楽しかった!」。始まってすぐに段々目が輝いてきて、どんどん身を乗り出し、手をいっぱいあげまくって発言(笑)。 お互いに尊重し合い、よい刺激を受けて心を動かされ、更にアイデアや考えが深まる素晴らしい体験となりましたね。 →オンライン上で「ミニカタリバ」的な形が出来ていたと思う。直接対面では無いのに、子ども達がここまで出来るなんて本当に驚きました! ファシリテーターとみなさんのチームワークに感謝です ありがとうございました。

Mちゃんがお母さんから聞いた大学の単位のシステムの話をしてくれて、さすがお姉さん!とみんな、大人に説明されるよりしーっかり頭に刻まれたと思います。

本人的には大変満足そうで、お友だちの意見も聞けて、自分の意見もゆっくり待っていただけて、とても有意義な時間となったようです。 司会進行をやってみたいという気持ちなど、親と話しているだけではわからない、意外な一面をみることができました。貴重な機会をありがとうございます!

終わった後、とっても楽しかった!! なんだかいろんな学校があってね、トイレがくさかったり、学校の屋根が瓦でね・・・、とお話が止まりませんでした。 これを続けていくと単にお友達同士になる、と言うお話ではなくて、自分の意見を言ったり、司会をしたり、全体のプロセスを把握しながらグループをひっぱる、または維持するがついたり・・・と、とっても無限大な可能性があるなあ!と思いました。 ネットの力ってすごいな、ありがたいな。

次回は 男の子っておもしろい!子どもミーティングBoys編 つづく

カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 co-musubi